自然素材リフォーム

自然素材とは?

 シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎・化学物質過敏症という言葉を最近よく耳にします。
住まいのリフォームなどで多量の有害化学物質を含んだ材料を使用すると、この様なケースにさらされることが多く、対策としては有害化学物質をあまり含んでいない材料を使用するか、有害化学物質をほとんど含んでいない自然素材を使用することで防止することが可能です。
そして、それらの材料を使用して行うリフォームを「自然素材リフォーム」と呼びます。
 自然素材の中で最も一般的なのは木(無垢材)ではないでしょうか。
冒頭でも述べましたがコンクリートと木の中で生活することを比較すると断然、人の身体には木が向いているということはお分かり頂けたと思います。
森住建のリフォームではこの木(無垢材)を使用した自然素材リフォームを積極的にお勧めしております。
「医者に通っているけど体調が良くならない」「冷え性がなかなか治らない」「ストレスが溜り、体が疲れやすい」などの症状がある場合は一度、森住建までご相談下さい。
それはあなたの居住環境に問題があるのかもしれません。
自然素材には木(無垢材)のほかにも珪藻候(けいそうど)・珪藻土壁紙(けいそうどかべがみ)・漆喰(しっくい)などをはじめとしていろいろな素材があります。
森住建ではお客様のご要望に応じた自然素材を使用してリフォームを行っております。

木(無垢材)の特徴

・木は調湿効果があり、高温多湿の日本の風土に最適
・木はストレスを和らげ、ウィルスの繁殖を抑えます
・木は火に強く、断熱性能にも優れている
・木は軽く、強度にも優れている
などの特徴があります。木(無垢材)はお勧めの自然素材です。

自然素材(無垢材)を使用したリフォーム

リフォームでも十分に木の住空間を造ることが可能です。
工夫次第で木(無垢材)を中心とした自然素材に満ち溢れた空間に生まれ変わらせることが可能です。
弊社は昭和55年に創業して以来、木を沢山使った住まいづくり、リフォームを常に心がけて参りました。
木(無垢材)には注意点がいくつかあります。
一般的な現象に反り、曲げ、割れなどがあります。
十分に乾燥させた木材を使用しますが、それでも反りや曲げなどにより床鳴りが起こったり割れが発生したりする場合もあります。
木(むく材)の住空間はこれらの現象も理解されたうえでお住まいになることが必要です。
森住建では本当の木の良さを生活空間のなかで体感していただきたいと思っております。
森住建が実際に施工した「有害な接着剤を使用した合板を一切使用しない木の家」をご覧いただくことができます。
是非、一度本物の木の家を体感してみて下さい。
もちろんクロス貼りや合板のフローリングを使用するリフォームや新築に比べれば、コストは高くなります。
人生の大半を暮らすこの空間は妥協せず、最適なものにしたいですね。