注文新築住宅

森住建の注文新築住宅は木(無垢材)と自然素材を多用します。
そして有害物質を含んだ資材を使わないのが特徴です。
人生の大半を過ごす空間だからこそ、妥協はしたくないのです。
有害な接着剤を使用した合板を使用しない、シックハウスの心配をすることなく安心して暮らせる住空間づくりを最優先しています。
無垢材(無垢材)のメリットを活かして、家に居ながら森林浴を体感できる家づくりを行います。
珪藻土(けいそうど)や漆喰壁(しっくいかべ)、コルク材やタイルなどの自然素材と木(無垢材)を組み合わせることで、健康的な住空間を提供しております。

木(むく材)はなぜ、健康にいいのか?

木の香り成分にはストレスをやわらげ、リラックスさせたり、疲労回復に効果があることが血圧やストレスホルモンなどの測定によっても明らかにされています。
更に木の香りには、ダニの繁殖を抑える働きもあり、ヒノキ・スギなどには、殺ダニ作用の効果もあるのです。

全室に十分な採光を得られる工夫

居室は充分な採光が得られ、照明に頼らず生活できることが絶対条件です。
北側の居室もハイサイドライトやトップライトを採用し、自然光が常に取り入れられるような工夫をしています。
自然の太陽光を浴びることで体内でビタミンDが生成されます。
このビタミンDは万能薬とも言われていて、骨の健康や高血圧・糖尿病をはじめ、がんの一部や心臓発作・脳卒中にも効果があるとされています。

風通しを良くすることでアレルギーや病気を防止

開口部を上手に配置することで空気のよどみをなくして風の通り道をつくります。
良い風の通り道をつくる条件は、1つの部屋には向かい合う両壁に窓を設置することです。
向かい合う壁の対象の位置に窓を設置するのではなく、高さを変えたり位置をずらすことで空気のよどみを軽減させる効果が期待できます。
風通しのいい家にはたくさんのメリットがあります。
家の長持ちにもつながりますしカビが生えにくくなることでアレルギーなどによる病気も防ぐことができます。