選ばれる理由

木を主体に自然素材を使う(有害な物質や材料は徹底的に排除する)

ベニヤ、有害な接着剤を使用した合板を一切使用せず、シックハウスの心配をすることなく安心して暮らせる住空間づくりを最優先しています。
木(むく材)のメリットを活かして家に居ながら森林浴を体感できる家づくりを行います。
リフォームにおいても有害な接着剤を使用した合板を極力使用しないで健康に最適な住空間のご提案を行います。
水廻りの設備機器には接着剤や有害な化学物質(ホルムアルデヒド)をまったく発散しないタカラのホーロー製品をお手頃価格でご提供しております。

後悔しない家づくりのお手伝いをします(打合せは十分な時間をかける)

新築注文住宅の場合、短期間の打合せで簡単に決められるものではないと考えています。
入念なプランニングからお見積書を精査して、予算のなかでご要望にどれだけ応じられるかを検討し、最終確定するまでの期間を十分に取ることは必要だと考えます。
建築士(設計士)が土地や周辺環境を十分考慮して、採光・通風・耐震を考えたプランをご提案します。
「急いで決定して後悔していただきたくない」というのが森住建の考えです。
間取り変更を伴うリフォームも同様です。
リフォームの規模にもよりますが、十分な打ち合わせ期間は必要だと考えております。
特に既存のお住まいに手を加える場合は取り除いてはいけない柱や壁が存在しますので、入念な事前調査が必要です。
水廻り機器の入れ替えやちょっとした修繕工事などはさほどお時間をかける必要はありません。
特に設備機器の故障などの場合は日常生活に支障をきたしますので、迅速に対応させて頂きます。

一棟一棟、心を込めて家づくりやリフォームを行っています

森住建の家づくりはすべて自社の施工管理で行うことを徹底しています。
もちろん土工事は土建屋さんに、建具は建具屋さんにと、それぞれ専門の職人さんに依頼して工事を進めていきます。
施工管理そのものを、外部に委託してしまうところが多いのが現状ですがそれでは工事の品質にばらつきがでてしまいます。
お客様との打ち合わせ通りに工事が進んでいるかどうかを監理するのが森住建の仕事であり、そこは他社に任せるわけにはいきません。
どうしてもたくさんの工事を行おうとすると、すべての工事に目が行き届かなくなり、最終的にお客様にご不満を与えてしまいます。
森住建ではすべて自社の施工管理で行うと年間に新築で4棟建てるのが限界です。
場合によっては少しお待ちいただく事もありますがそれでもお客様共々納得した家づくりを行うためには仕方がありません。
これまでお客様とは一生のお付き合いができる家づくりを行ってきました。
これからもその信念を貫き、お客様の笑顔が絶えない家づくりを行って参ります。

余分な経費を最低限に抑えて、お施主様に還元

森住建には住宅展示場もありませんし、営業マンもおりません。
わずかなスタッフで打ち合わせから工事・管理までを一貫して行っております。
大手メーカーなどが必要とする展示場の維持費や宣伝広告費、人件費などをお客様にご負担いただく事はありません。
また、アフタフォローも地元工務店だからこそできる、きめ細かな対応を心掛けてお客様と一生涯のお付き合いができる関係づくりに努めております。
リフォーム・注文住宅などの森住建が行う、施工全般において余分な経費を最低限に抑えて、その分をお施主様に還元できるように努力しています。